相続事業承継コンサルティング
HOME > 相続事業承継コンサルティング

相続事業承継コンサルティングQ&A

2015年1月より、相続税は、課税対象となる相続財産のうち6億円を超える部分が55%の最高税率になる予定。
課税対象の財産から差し引ける基礎控除は現行から4割縮小の「3000万円+600万円×法定相続人」となる見込みです。

(1)相続診断

相続でお悩みの方は、まず、「相続診断」を受けましょう!

HOPの相続診断とは?

  • 相続人の確定
  • 相続財産の評価
  • 相続税の計算
  • 問題点の指摘

診断結果を踏まえて、それぞれのケースに応じたアドバイスをさせて頂きます。

メールお問合わせ

(2)生前贈与

相続診断の結果、相続税額が予想以上に高いと感じた場合は、生前贈与を積極的に利用しましょう。
自分の子供が2人いる場合、子供とその配偶者さらにその子供2人で合計8人に110万円贈与すると年間で880万円の相続財産が無税で生前贈与できます。
これを10年続ければ8,800万円が無税で生前贈与できます。

110万円の贈与では、キリがないよと思われたあなた・・・
経験豊富なHOPに直接お問い合わせください。

メールお問合わせ

あなたにとっておきの節税対策を提案します。

(3)相続放棄

①後妻の方が、前妻のお子様達とお話をしたくないと専門家に相談し、「相続放棄」勧められよくわからないまま「相続放棄」をしてしまいました。
その結果、住んでいた家も追われる結果に・・・
②少ない財産を兄弟姉妹で奪い合う争続の場面で、会社経営の長男が自分は財産がいらないから相続を放棄すると弟妹に・・・その「相続放棄」ちょっと待って!
えっと思ったあなた「相続放棄」は、極めて慎重に。

メールお問合わせ

(4)中小企業の事業承継対策

①事業承継対策は、まず、株価計算から。

「社長さん、会社の株価評価ご存知ですか?」
と聞くと、80%の社長がよくわからないとお答えになります。
社長の年齢が60歳を超えたら毎年、決算と同時に株価計算も行いましょう。 3年前の株価評価は、何の役にも立ちません・・・

②後継者

中小企業の事業承継で税金よりも重要なものは、後継者の決定です。
HOPでは、後継者に簿記のイロハから経営をお教えします。
ただし、社長にご子息がいない、あるいは、いても能力がない場合には・・・
M&Aを選択してもよいかもしれません。

東京社長.tvにて、代表社員税理士小川が、相続への熱い思いを語っています。
ぜひ、ご覧になってください。

東京の社長.TV

相続は、100人100とおり・・・
相続対策は、豊富な経験と実績があるHOPにご相談下さい。

メールお問合わせ

税理士総合事務所のHOPグループへのお問合せはこちらです!
起業支援 税務調査

お知らせ

東京の社長TV

東京の社長TV

東京の社長TV

東京の社長TV