起業支援
HOME > 起業支援

HOPの起業支援とは?

税理士法人HOPでは、2005年から「クラウド会計」システムを導入しています!!
起業して間もないクライアント様でも、無理なく簡単に帳簿を作成することが出来ます。
また、クライアント様とHOPがインターネットを介してリアルタイムに数字を共有できるので、クライアント様の要望をいち早く数字に反映させる事ができ、問題点を迅速に発見することが出来ます。もちろん初心者の方でもご安心下さい!!しっかり指導致します。
煩わしい管理業務を効率化する!
クラウド会計」は煩わしい管理業務を効率化し、経営者が営業に専念する時間を創出することに寄与するでしょう。

IT業界、デザイン業界、医療業界など、仕事でMacを使っている方、会計ソフトのためにwindowsが必要と言われてきた方、必見!!
税理士法人HOPは、Windows/Macに対応したクラウド会計システムで,あなたのビジネスをフルサポート!!!

起業家の方の業種は様々です。マニュアル的なサービスをしていては、お客様に満足は頂けないと考えております。
それぞれのクライアント様の要望にあった提案ができるよう、オーダーメードで質の高いサービスを提供させていただきます。
ホスピタリティとスペシャリティをモットーに、クライアント様から「ありがとう」、「さすが」と言っていただけるサービスを行えるよう常に心がけ業務を行っています。
また、HOPは「美点凝視」という言葉を大事にしております。『クライアント様の良いところを伸ばす』という意味です。
クライアント様の良いところを見て経営を伸ばしていければと考えております。
本気で一生懸命努力をしている中小企業の経営者を応援します。
下に起業家からよく相談される質問を記載しました。
興味がございましたら是非ご覧になってみて下さい!少しでも起業に興味が湧きましたら、当事務所にお気軽にお問い合わせ下さい。起業の相談は、1時間まで無料です。

あなたは起業家にむいているか?

起業を考えているあなたに対する課題です。

  • 明日までに開業資金を10万円用意して下さい。
  • 何とか明日までに10万円用意できたあなたに次の課題です。

1ヶ月後までに開業資金を100万円用意して下さい。
ここまで読んだあなたは、直感でどう考えましたか?

起業家に必要な資質

実は、起業は誰でもできます。

しかし、1年、3年と継続することは、非常に難しいのです。 起業をすると、いろいろな困難がでてきます。
その時、「自分にはもう無理だ。」と考えてしまうと、そこから先には進めません。「何とかしよう。」と考えられる人は、必ず解決策が見つかります。
起業家には、「自分で何とかする。」という『信念』がないと、絶対に成功しません。
もう一つ大事な要素は、自分がこれから手がけるビジネスに情熱を持っていることです。 人間、好きな事に関しては、多少の困難があっても頑張れますが、そのビジネスに愛着が無ければ、少しの困難でもすぐにあきらめてしまいます。

起業して成功する人

起業を考えている方から相談を受けたとき、起業して「成功する人」か「失敗する人」かは、すぐに見分けが付きます。
起業して「成功する人」か「失敗する人」を見分けるポイントは、その人が「売上」を作れる人かどうかです。
事業計画を聞かせていただき、その収支を伺う時、「この売上金額は、誰からいくら見込めますか?」と聞いて、「A社から500万円、B社から300万円・・・あと500万円はC~G社から見込んでいます。」とお答えいただく方は、成功します。
一方、「この商品は、必ず売れるので、このくらいの金額は大丈夫だと思います。」「私は、○○会社にいて、何千万も稼いでいたので、独立しても大丈夫です。」など、売上の根拠があいまいな方は、失敗するケースが多いです。

「個人事業」と「法人」とどちらがよいか?

これらかの人生のそのビジネスで、一生、家族を養い生きていこうと本気で考えているなら、「法人」でビジネスを行う事をお勧めします。
あなたが何か大事なものを買う場面を想像して下さい。
特に高額であればあるほど、失敗したくないですよね。同じ値段で、「見るからにみすぼらしい人」と「きちっとスーツを着た人」の業者がいたとします。
あなたはどちらから買いますか?
高ければ高いほど「きちっとスーツを着た人」を選びませんか?
何故でしょう?
それは、得られるすべての情報から判断し、失敗する可能性が低い方を選択するからです。
商売をする上で、「個人」であるか「法人」であるかは、本質的な違いはありません。しかし、自分が本気である事を相手に見せようとするなら、「個人」よりも「法人」がお勧めです。

「個人事業」と「法人」とどちらが有利か?

個人は、次の税率で税金が課されます。

195万円以下 所得税5%+住民税*10%=15%
195万円超~330万円以下 所得税10%+住民税10%=20%
330万円超~695万円以下 所得税20%+住民税10%=30%
695万円超~900万円以下 所得税23%+住民税10%=33%
900万円超~1,800万円以下 所得税33%+住民税10%=43%
1,800万円超 1,800万円超、 所得税40%+住民税10%=50%

会社は、次の税率で、国税+地方税が課されます。

法人の利益が800万円まで 約30%
法人の利益が800万円超 約40%

従って、税金だけを考えた場合には、700万円くらいが損得の分かれ道になります。

起業したら、絶亭に必要な事

「個人事業」でも「法人」でも、必ず帳簿をつけなければいけません。

帳簿をつけないと、お金の流れがわからなくなり、ドンブリ勘定になってしまうので、いつか絶対失敗します。
税理士法人HOPでは、「クラウド会計システム」を導入しています。
クライアント様は、無理なく簡単に帳簿を作成することが出来ます。

税理士総合事務所のHOPグループへのお問合せはこちらです!
起業支援 税務調査

お知らせ

東京の社長TV

東京の社長TV

東京の社長TV

東京の社長TV